ギムネマの絶対気になる疑問まとめ

MENU

絶対に覚えておきたい!ギムネマに関するQ&A

 

摂取量は決まっているの?
理想的な摂取量はその製品に記載されたもので良い!

基本的に一日の摂取量は決まっていませんが、ブドウ糖の吸収を妨げるので、過剰な摂取は低血糖を起こす可能性があります。だからといって神経質になる必要はありません。サプリに記載された摂取量を守れば全く問題はありません。

ギムネマ以外に配合されている成分の具体的な効果は?
・桑の葉エキス・・・体内に取り込まれる糖質量が減少。

・キトサン・・・コレステロールを下げる効果。
・インゲン豆エキス・・・ブドウ糖が脂肪に変わるのを防ぐ。
・鳩龍緑茶エキス・・・脂肪の吸収を防ぐ。

妊婦は摂取しても問題ないのか?
やめた方が無難

ギムネマには鉄分の吸収を若干ですが妨げる働きもありますので、鉄分を多く取らなければいけない妊婦の方は控えたほうが良いでしょう。葉酸などと併用すれば可能かもしれませんが、ちなみにカロリミットシリーズは15歳以上向けのサプリメントになっています。

飲むタイミングはいつ?
食前30分前が効果的

ギムネマを摂取する目的は、糖分の吸収を避けるためですので、食べると同時に摂っては吸収をブロックできずに終わってしまいます。

副作用が心配・・・
ギムネマ自体には副作用の心配はありません!

ただ、調整剤が体質によっては極希に体に合わないこともあります。調整剤はサプリメントによって成分は違いますが、カロリミットの場合は「とうもろこし」「インゲン豆」「かに」「じゃがいも」の成分が調整剤で使用されています。含まれているのはごく微量なのでアレルギー体質の方でも平気ですが、もし心配であれば、規定量の半分にするなどして少しづつ様子を見ながら試すのが良いでしょう。

プレマリン等のホルモン剤との併用は?
ホルモン剤との併用は問題なし!

ホルモンに直接作用するようなものは含まれていないようですので気にしなくても良いでしょう。もし不安でしたら病院へ聞くのが一番です。意外に知られていませんが、飲み合わせぐらいのことですと、成分さえ分かれば電話でも教えてくれる病院は比較的多いです。

ダイエットに効果的?
痩せるような効果はない!

勘違いされる方が非常に多いですが、糖分の吸収を抑える働きがあるだけですので、。ただ、食べ過ぎても現状維持できるので、ダイエット中の場合はかなり役立ちます。特に、ダイエットの中で最も辛いと言われているファスティング(断食)ダイエットでの併用はダイエッターには助けとなるサプリメントです。

ギムネマ茶とサプリどっちが効果ある?
まったく一緒

ただ、ギムネマは苦味があるので、お茶のほうがクセがあって飲みにくいかもしれません。サプリメントはギムネマが凝縮された粒ですので苦味を感じることもなく摂取しやすくなっています。

ギムネマとガルニシアって同じ!?
糖分の阻害効果は同じだが・・・

どちらも働きとしては同じですが、安全面で大きな差があります。ギムネマの場合、過剰摂取で低血糖症の可能性。そしてガルニシアは継続摂取でホルモン分泌への影響などの有害性。ギムネマは用法用量を守れば問題ありません。ガルニシアはラットでの実験ですが有害性が確認されています。このことからガルニシアが配合されているサプリ等の健康食品は摂取しないほうが安全です。
ガルニシアが含まれている商品:DHCのガルニシア、ザバス(プロテイン)など

 

 

「ギムネマを摂取するなら?最も多く含んでるサプリメントってどれ?」のトップへ戻る

このページの先頭へ