ギムネマと同じ働きがある成分

MENU

ギムネマの他にどのような成分が存在するのか

太りやすい食品群で有名な炭水化物や糖分。しかし、生きていく中でこれらの摂取を避けることは不可能と言っても良いでしょう。

 

少しでも吸収を抑える事ができれば太らなくてすむのに・・・あなたもこんなことを一度は考えたことあるのではないでしょうか。そんな夢のような事を実現できるのがギムネマという成分です。

 

ギムネマに似た成分

 

実際に調べると分かりますが、ギムネマを配合しているダイエットサプリは多数あることに気付きます。

 

そして「炭水化物や糖分の吸収を抑える」というところに特化してネットや書籍などで調べてみると、ギムネマだけではなく、他の成分にも同様な効果を持つものが多数あることを知りました。

 

どのようなものがあるのか今後のサプリ購入のためにも知識を深めておくと良いでしょう。

 

ギムネマと似ている効果を持つ成分

 

白いんげん(ファセオラミン)

 

白いんげん豆は煮物にするので、知らない方はいないですが、別名だと「ファセオラミン」と呼ばれます。あまり馴染みのない名前ですね。

 

食べものを摂るとデンプンがブドウ糖に分解され体内に吸収されますが、余分に摂ったブドウ糖は吸収しきれなくてその分は脂肪になります。

 

白いんげんは、デンプンがブドウ糖に分解されるところを邪魔してくれます。たくさんの食べ物を摂っても100吸収されるところが50になります。

 

ただ、白いんげんは食べ方によっては下痢だったり時には吐き気を催す場合があります。豆料理は煮てあることがほとんどです。これはレクチンという毒性がある成分を加熱して消すためです。

 

何年か前にテレビで白いんげんを使ったダイエット方法がやっていたのは覚えているでしょうか。ダイエットに効果があるとして白いんげんが取り上げられたおかげで多くの人が白いんげんげを加熱不足で摂ってしまったために多くの方が入院するという事態になりました。

 

※参考(wiki)白いんげん豆中毒事件

 

ファオセラミンはアメリカの製薬会社が商標登録をしており、あっちではサプリが多数販売されています。

 

ブドウ糖の吸収を妨げるのでダイエットのサポートにはなります。日本でも粉末が出回ってるのでためしてみるのも良いかもしれませんね。ちなみに食感は多少ざらつきがあって、きな粉のような感じです。

 

桑の葉エキス

 

桑の木は幹の中が空洞なため昔は蚕を育てるにはとても適した木材だということは知っていたでしょうか。

 

現在のほとんどが石油製品なので蚕なんてまったくといっていいほど耳にもしないし、そんな製品すらありません。

 

しかしながら、そんな桑の葉からは糖分を阻害する効果があることが近年の研究から分かりました。

 

それからというもののこぞって桑の葉がダイエット商品に使われるように。桑茶、桑の葉サプリ、青汁にも桑の葉エキスが配合されています。

 

また、田舎では若くて柔らかい葉を天ぷらで食べたり、桑の葉入りのソフトクリームを販売しているところもあったりします。

 

桑の葉はクセがそれほど強くなく、抹茶の味に似ています。香りも抹茶にとても似ているので抹茶として出されても気付かないほど。

 

 

鳩龍緑茶エキス(緑茶エキス)

 

黒ウーロン茶は馴染みがあるけど、鳩龍緑茶(きゅうろんりょくちゃ)はあまり馴染みがないかもしれません。イメージとしては黒烏龍と同じで、脂質の吸収を抑制してくれますが、鳩龍緑茶は脂質に加え糖質の吸収まで抑制してくれるお茶です。

 

ただ残念なことに鳩龍緑茶自体が飲み物として販売されていません。それは鳩龍緑茶という名称は緑茶エキスに代えてファンケルが勝手に付けている名前だからです。

 

とはいうものの、この緑茶エキスの効果はあなどれません。トクホでも推奨している黒烏龍を超える働きがあるからです。そして桑の葉エキスよりも糖分阻害効果が高い。さらに桑の葉エキスと組み合わせることで糖質と脂質の上昇を大幅に抑えられる結果が出ています。

 

ガルシニア

 

 

ギムネマと非常に似ている成分ガルシニア。発祥もアーユルヴェーダ(インド伝承医学)で同じです。

 

効果は脂質の吸収を阻害するのですが、ギムネマとは対照的でガルシニアは何かと問題が絶えません。

 

臨床試験では効果が見られないことを指摘されていたり、1年間の動物を使った実験で、ホルモン分泌への有害性があると発表されたりと、あまり評判がよくありません。

 

このことが分かって、平成14年に厚生労働省から「ガルシニア抽出物を継続的に摂取する健康食品に関する情報提供」ということでお達しがあったほどです。

 

とはいっても、現在でもガルシニアを使ったサプリは多数販売されていますが・・・継続して摂るとなるとギムネマよりリスクが高いですね。

 

サラシア

 

こちらもインド発祥、アーユルヴェーダで使用されている天然素材で、糖質や炭水化物を阻害する効果があります。

 

サラシアは日本とアメリアそれぞれで特許を取得しているほどで、トクホ認定の成分としても有名です。サラシアの関連商品はサプリやお茶など、非常に多く出回っています。

このページの先頭へ