数種類のカロリミット製品を徹底比較

MENU

カロリミットが4商品もある理由

ファンケルカロリミットの種類

カロリミットが販売された当初は1商品しかありませんでしたが、現在では「カロリミット」「大人のカロリミット」「お茶」「ウコンドリンク」の計4商品もあります。なぜ同じような商品が4つも出ているのでしょう。

 

4商品にはそれぞれ、その人の状況に合うような飲み方ができるように作られています。

 

例えばサプリメントなら食前にスグ飲めるように、お茶なら食事と一緒に飲めるように、ウコンドリンクならお酒を飲む席にといったように様々な状況によってギムネマを摂取できるように4商品にあえて分けられているというのが理解することができます。

 

では、肝心の成分量はどうなっているのかといえばやはりそれぞれで異なってきます。一覧表にまとめてみると違いが一目瞭然です。

 

《カロリミットシリーズギムネマ量の比較》

大人のカロリミ カロリミット お茶 ウコンドリンク

・ギムネマ
40mg

総ギムネマ酸25%
・桑の葉200mg
・鳩龍緑茶200mg
・キトサン100mg
・インゲン豆4.8mg

・ギムネマ
67mg

総ギムネマ酸15%
・桑の葉200mg
・鳩龍緑茶200mg
・キトサン100mg
・インゲン豆4.8mg

・ギムネマ
294mg

総ギムネマ酸1.7%
・桑の葉200mg
・鳩龍緑茶200mg
・インゲン豆4.8mg

・ギムネマ末
294mg

総ギムネマ酸1.7%
・桑の葉200mg
・鳩龍緑茶200mg
・デキストリン2g
・クルクミン30mg


シチュエーションによって飲み分ける

こんな時に飲みたいカロリミットシリーズ

  • カロリミット

    ・・・今日はいつもより多く食べるかもという時に。

  • 大人のカロリミット

    ・・・ダイエットも視野に入れたい。

  • カロリミット茶

    ・・・食事と一緒に飲むお茶にしたい。

  • ウコンドリンクW

    ・・・飲みの席でアルコールに効果的なウコンも。

 

このように、カロリミットはその時のシチュエーションに合わせて飲み分けることができます。また、配合成分が若干違うことに気づきますが、それは状況に合わせた理想的な成分を配合しているからです。

 

また、どの商品にもギムネマは配合されていますが、量に着目すると開きがあります。中にはせっかくギムネマを摂取するのだから成分が多いものにしたい方もいることでしょう。

 

この辺りは特に決まりはありませんので個人の自由で構いません。カロリミットには色々な種類があるということを参考までに・・・

 

 

結局のところ・・・
どのカロリミットを摂ってもギムネマは含まれており、効果はしっかり体感できるので問題ありません。特に頻繁に食べ過ぎてしまう方はカロリミットをうまく生活に取り入れていきたいですね。

ギムネマ以外の配合成分は意味があるのか

 

 

「ギムネマを摂取するなら?最も多く含んでるサプリメントってどれ?」のトップへ戻る

このページの先頭へ