海外のサプリって実は安全!?

アメリカにはサプリの法律があった!
日本のサプリは栄養補助食品(食品)との位置付けに対し、アメリカの場合はサプリと言えば薬と同等に位置づけられています。このことは知っていたでしょうか。

アメリカは日本のように健康保険の加入が義務付けられていません。つまり病院で治療しようものなら医療費も高額な出費になってしまいます。そんなアメリカ人はなるべく病院へ行かないようにどうしているのかというと、病気の予防策でほとんどがサプリメントを摂っているのが現状なのです。

 


食品では質を求めるなら言うまでもなく安全で安心のメイドインジャパンですが、サプリの場合は真逆。質で言うと米国の方が圧倒的に高い。

 


ちなみに日本のサプリは法律もないので明確な決まりがありません。それゆえに全く効果のないものも数多く販売されてしまっているのが現状です。

米国サプリが安全な理由3つ
・法律”DSHEA(栄養補助食品健康教育法)”制定
→簡単には販売できない仕組み

・ニュートラスティカル分野の確立科学調査での安全・動物実験からの完璧なデータ・人で100%の効果を実証
→これらをクリアすれば効果を記載できる

・情報公開の義務
→日本は曖昧な表記がほとんど。米国では飲み方~効果まで明確にしなければならない


米国がサプリ1つを販売するためにどれだけの時間とお金を費やす必要があるのか。簡単ではないということがお分かりいただけるかと思います。厳しすぎる制度かもしれませんが、安全、安心、信憑性が高いと言い切るにはここまでやるのが筋です。


一方、日本の法律はゆるいですね。よく分からない成分が入ったサプリを簡単な審査で販売できてしまうのですから。日本も早く見習うべきです。

日本VS米国 ギムネマサプリ成分量を比較!

日本を代表するギムネマサプリと言えばカロリミット。海外のギムネマサプリの成分量を比較すると

商品名 ギムネマ量
カロリミット 67mg
Swanson ギムネマシルベスタ 400mg
Natrol ギムネマシルベスタ 300mg
Swanson フルスペクトラム 200mg

ギムネマ量といってもエキスと粉末では濃密度が違うので一概には言えませんが、数値だけを見るとカロリミット以下3商品は日本では考えられないほどのギムネマ量が含まれているのが分かります。


まだ、試してはいませんが、もし粉末だとしてもこれだけの量が入っているのであれば効果としても期待できそうです。ただ、仮に効果があるとしても海外製だからという理由でなかなか手が伸びていないのが現実です。


結局は海外製のサプリはその国の人に合わせて作っていますので、その国の人には効果はあっても日本人には効果がないかもしれません。身体の造りも違うわけですし・・・


日本のサプリで効果を感じられないなら、自己責任となりますが海外のサプリを利用するのも一つの手段でしょう。

 海外サプリの通販市場!使用者のレビュー

通販限定!初回だけもう一袋付いてくる!

コメントは受け付けていません。